実用的な英語を身につけよう

英語

この記事は、受験生のみならず英語嫌いの方々に向けて投稿したものです。

日本は英語を使わずに生きられる幸せな国です。

自分で英語の世界に入っていかないと一生英語が身につきません。

国際国家である日本なのに、英語がしゃべれない大臣がほとんど。隣の韓国は、英語教育がしっかりしており、英語ペラペラ。この差は、Kポップのグループがきちんとした発音で英語で歌える点からも、日本は相当遅れています。TOEICの点数もビリから数えた方が速い。特にリスニングとスピーキングはダメ。

ではどうすればいいのかを述べていきます。

日本で、英語は稼ぎやすいスキルです

TOEICのスコアが高くてもしゃべれない、聞けない日本人も多いです。日本語で討論、議論などができないと、英語でできるわけがありません。そうすると、日本語教育、学校教育、ひいては、日本政府の教育の国家戦略にも欠陥があるわけです。

・自己主張をするとたたかれる、出る杭は打たれる、わけです。平均的なひとばかり増え、個性的なひとは増えない。これでは米国のGAFAの創始者のような人材が生まれるわけがありません。

一方、いつの間にかデジタル技術、IT技術は先進国の中で相当遅れてしまいました。なんでも紙の書類、印鑑が何個も必要。仕事のスピードが遅い。日本がIT技術で他の先進国に追いつくのは難しいのでは?

・IT技術の挽回には、若者が必要。しかし少子高齢化で人材がいない。

・どうすればいいのか?

後進国になるといわれる日本の復興は英語教育にあり

英語教育の改革が必要です。やっと小学校で義務化されました。しかし実用的な英語を教える先生が不足しているようです。もっとNATIVEに助けてもらって小学校の英語教育をやればいいと思います。

理系の生徒さんは、特に避ける傾向にあるので要注意です。理系でも最先端技術は英語のものが多いので英語力は必須です。

大学に入ると英語の文献をどんどん読む授業があります。科学技術はグローバルに共有する必要があるからです。

たとえば、世界中の発明をGOOGLE PATENTというサイトで世界の発明を検索してみましょう。
英語を読めれば 自分が発明しようとした、あるいは、発明した パテントと似通った内容を調べられますが、英語ができれば楽しくでスラスラ読めるようになります。

世界中に自分の発明をパテント(特許化)して、ライセンス料で大金持ちになることも夢ではありません。

リスニング・スピーキングの強化

日本では文法訳読法により英語のリーディングとライティングはそこそこできる人が多くいます。
さらにリスニングとスピーキングを加えた英語4技能を身につけるようにしましょう。
最近の大学受験ではリスニングが重要視されるようになってきました。リスニングができれば直に、スピーキングもできるようになります。赤ちゃんの言語マスターの過程と同じです。

英語4技能を身につければ、社会に入ってから、同期と差がすぐつき、抜きん出てることができます。

いまだに日本にある外資系の会社でも、まともに英語4技能の実力があるひとはあまりいません。

日本の企業ではなおさらです。

よって、英語力を圧倒的に強くすると、まだまだ日本では希少価値!

「お金」をかせぎやすいです!

もう日本にずっととどまる時代からどんどん海外に出る時代になるのは間違いありません。

英語力はいわば 刀 のような武器・道具です。がんばって英語4技能を身に付けましょう。

英語が必ず、上達する すごーく 単純だけど 大事な方法は、教科書を もらった音声CDを流しながら(なるべく真似しながら)、毎日10回読んで 教科書を暗記してしまいましょう。英語が苦手な生徒さんは、中1~3までの教科書からでもいいです。これはだまされたと思ってやってください。

効果絶大です。基本的な文法事項も一緒にマスターできてしまいます。

覚えた表現・フレーズは、外国人をつかまえて、すぐに使ってみましょう。

日本人はよく外国人が近づいてくると逃げてしまうひともいます。
これではいけません。自ら特に英会話表現は使ってみましょう。
そのとき通じなくなっていいじゃないですか!もし通じなかったら紙に書いてコミュニケーションすれば・・・。
通じなくて恥をかく と もう絶対忘れません。

この点で英語圏に留学するひとは有利ですね。英会話喫茶とググると検索できますから、自分の住まいから近い英会話喫茶にいくのもいいです。あと、英字新聞を電車で読んでいると向こうから話しかけてくれることもあります。

どんどんアウトプット!これが日本人が不得意とするスピーキングとリスニングを強化する「コツ」です。

まとめ

日本人が苦手なリスニングは、まず自分が英語圏の赤ちゃん、幼児になることからはじめてみましょう!

日本は、後進国になるという説がありますが、まだまだ日本は独自のモノづくりの技術があります。

英語力 が そのキッカケになると思います。ITスキルも必要ですが。

英語を勉強しましょう。毎日10分ずつでも。

JUST DO IT !

ネット家庭教師ネモト

コメント

タイトルとURLをコピーしました